History

沿革

昭和31年9月 資本金100万円で自動車部品製造販売を主目的とする(株)大栄鉄工所を設立
昭和36年10月 資本金を400万円に増資
昭和38年4月 建設業の許可を受け、建築部を新設
昭和39年6月 資本金を1,500万円に増資
昭和40年7月 資本金を3,000万円に増資
昭和40年11月 資本金を3,500万円に増資
昭和48年4月 資本金を4,600万円に増資
自動車事業部増産増販に伴い、加納工場を新築移転
昭和48年10月 建築事業部鉄骨加工部門
昭和51年12月 自動車事業部優良部品として日本自動車部品協会(JAPA)に認定
昭和57年3月 建築事業部鉄骨加工部門を分離
鉄構事業部を新設
昭和58年4月 仙台市に東北配送センターを開設
昭和59年2月 松栄興産(株)設立(大栄グループ)
資本金1,000万円
不動産取引業を開始
昭和59年3月 鉄構事業部本社工場が建設大臣より鋼構造物製作工場に認定(Mグレード取得)
平成1年4月 特殊マフラー専門部門のSDL事業部を発足
平成3年9月 創立35周年
社名を大栄テクノ(株)へ改称
平成5年3月 大栄グループ総括本社ビル新築
平成5年8月 大栄エス ・ディー・エル(株)設立(大栄グループ)
資本金2,000万円
SDL事業部を分社
平成8年3月 資本金8,000万円に増資
平成13年5月 ISO9001 国際標準化機構認証取得
平成22年10月 大栄重工業(株)を設立(大栄グループ)
資本金300万円
建築事業部鉄鋼部門を分社
平成28年6月 大栄重工業(株)国土交通大臣認定工場(Hグレード取得)
平成30年5月 自動車事業部ISO9001:2015認証